ねこ株リーマンの資産運用バイブル

20代商社マンが将来わが子に残したいバイブルとして株式投資、資産運用、経営分析、仕事術など世の中の仕組みを配信するブログ。

【第12回】経済指標マスター講座50〜ISM非製造業景況指数〜

どうも、ねこ株リーマン(@alainyd)です! 

f:id:alaindo:20200504141919j:plain

はじめに

経済指標マスター講座50を受講頂きありがとうございます😆

「第11回 ISM製造業景況指数」をご覧になっていない方は下の記事をどうぞ!  

www.nekokabuyd.com

 

米国ISM非製造業景況指数の概要

米国ISM製造業景況指数とS&P500指数

f:id:alaindo:20200506090654j:plain

f:id:alaindo:20200503114210j:plain

米国非製造業景況指数の3月は52.5と予想44.0を上回る結果となりました。4月は予想36.8を上回りこそしたものの41.8という結果となり50を下回りました。

民間経済の7割を占めるサービス業

サービス業はアメリカの雇用およびGDPの面で、政府支出を除いた民間経済の約7割を占めます。

サービス業は銀行、商店、卸売業、デベロッパー以外の不動産など、私たちの周りにあふれており、サービス業の景況感を示す上で、ISM非製造業景況指数は重要な指標となります。

 

一般的にはISM非製造業景況指数が50を超えていればサービス業は順調に伸びているといえ、逆に50を下回っていればサービス業は後退局面にあると考えられます。

ポイント解説

指標分類

先行指標

注目ポイント

新規受注指数の上昇(低下)、企業活動指数が50を超えているか

意味すること

サービス業が順調で、景気が上向いている

ソース

米国供給管理協会ISM

 

方向性ではなく位置を見る

新規受注指数は先行性の強い指標です。総合的な状況というよりも、サービス業の先行きを読むことに特化した指標だと言えます。

同様に輸出用受注も将来の状況を予測する上で重要な指標です。新規受注指数and/or輸出用受注指数がコンスタントに基準値50を超えていれば、サービス業は近いうちに伸びてくると考えられます。

注意点

この指標は歴史が浅く、50が基準として妥当であるだけの実績がまだありません。

歴史が浅いということで、信頼性に欠けるという人もいますが、毎月の発表のすばやさを考慮すれば、非常に便利な指標として機能するとも考えられます。

さいごに

まとめ

✔︎「ISM非製造業景況指数」はサービス業を動向を把握する先行指標

 

✔︎ 基準値50をコンスタントに超えていればサービス業界の景気が上向きと予測

 

✔︎ 最新20年4月は41.8となり、予想を5ポイント上回るという結果

次回、「第13回 JoC-ECRI工業価格指数」をご紹介します!

www.nekokabuyd.com

 

↓↓猫パンチ一発お願いします↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓↓はてブも応援感謝です↓↓